@舎ひとよしのロゴ
HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介
人吉球磨「相良三十三観音」
土屋観音
つちやかんのん>錦町一武
人は皆 一仏性の あるなれば 心の玉を 外に求むな
『 解説 』
文安五年(1448年)、人吉城は突然の襲撃を受け、城主はひそかに薩摩の菱刈に落ちのびた。それに同行した大蟲超虎が、藩主急死の後人吉に帰り小槇山の麓に一院を建て、一乗寺(一城寺)と名づけた。そのなごりが土屋の観音堂である。ご本尊は聖観音座像。
Copyright (c) 2008 Direct. 人吉”ひかり”研究会. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし