@舎ひとよしのロゴ
HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介
人吉球磨「相良三十三観音」
普門寺観音
ふもんじかんのん>湯前町下城
唯たのめ 普き門を 出し身の まどかに通ふ 道に入るべく
『 解説 』
もともとは湯山にあり、市房神社の修験場だったというが、永正三年(1506年)岩野に移され、さらに湯前城内に移し再興したと伝えられる。六体は、千手・馬頭・十一面・准堤・如意輪・正の六観音であったが、戦時中に十一面観音が盗まれ、以来五体のまま。
Copyright (c) 2008 Direct. 人吉”ひかり”研究会. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし