HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介 伝統工芸
球磨焼酎

球磨川の清流から生まれた球磨焼酎。28蔵元を映像とともにお楽しみください
(資)鳥飼酒造場 (資)渕田酒造場 球磨焼酎(株) 繊月酒造(株) (資)寿福酒造場 (資)深野酒造本店
(資)福田酒造本店 (資)大和一酒造元 高橋酒造(株) (株)白岳酒造研究所 (有)渕田酒造本店 六調子酒造(株)
常楽酒造(株) (資)松本酒造場 松の泉酒造(資) (資)高田酒造場 (資)宮原酒造場 (有)那須酒造場
木下醸造所 房の露(株) (株)堤酒造 (株)恒松酒造本店 (資)宮元酒造場 抜群酒造(資)
(名)豊永酒造 (資)林酒造場 (資)大石酒造場 松下醸造場

かなた

(株)恒松酒造本店

所在地:球磨郡多良木町1022  0966-42-2381
のどかな田園の中、良質の米と豊かな地下水を使った純米本格焼酎造りを続けています。原料にこだわり旨い焼酎造りを目指します。「かなた」は、かおりが良く若い女性にも飲みやすいと人気です。
(写真左下:取締役部長 恒松良孝氏)

肥後路

(資)宮元酒造場

所在地:球磨郡多良木町黒肥地790  0966-42-2278
文化7年(1810)の創業以来、徹底して手造りを守り通しています。完全手造りにより日本酒に近い焼酎ができました。五年間熟成させた減圧蒸留の米焼酎「九代目」と常圧蒸留の麦焼酎「茶屋」は幻の焼酎と言われています。
(写真左下:球磨川)

ばつぐん

抜群酒造(資)

所在地:球磨郡多良木町黒肥地1662  0966-42-2172
群を抜く旨い焼酎を造ろうと抜群を社名にしました。基本に忠実に旨い焼酎造りを続けています。「熟香抜群」は樫樽で3年以上貯蔵したすっきりタイプの長期貯蔵酒です。その名の通り香りの良さが自慢の製品です。
(写真左下:無限責任社員 西達彦氏)

豊永酒造の酒

(名)豊永酒造

所在地:球磨郡湯前町上里1873  0966-43-2008
球磨の水、球磨の米、球磨に根ざした人による焼酎造りを行っています。手間暇かけることの良さを感じさせる蔵元です。「豊永蔵」は完全無農薬の米だけを使用したすっきりした口当たり。焼酎の原点である熟成感を楽しめます。
(写真左下;代表社員 豊永史郎氏)

極楽のラベル

(資)林酒造場

所在地:球磨郡湯前町下城3092  0966-43-2020
江戸時代中期1700年創業の蔵元です。一房山に雪が積もると仕込みに入り、春が来ると焼酎が出来上がるこれがこの蔵の焼酎造りです。「極楽」は原料、水にこだわった常圧蒸留です。
(写真左下:代表取締役 林 篤氏)

球磨焼酎 大石

(資)大石酒造場

所在地:球磨郡水上村岩野1053  0966-44-0001
原料米にこだわって質の高い焼酎造りに励んでいます。
超音波熟成装置を取り入れた「鬼倒し」や樽で熟成した「大石」など手間暇かけた商品が造られています。
(写真左下:専務取締役 大石 和教氏)

松下醸造場

松下醸造場

所在地:球磨郡水上村岩野2582  0966-44-0010
文化元年(1804年)創業、入立茶屋以来の伝統の蔵元。かめ貯蔵にこだわり、時を惜しまない焼酎造りを心がけています。14年貯蔵した「桜盛」は花のような香りが口中に広がります。
(写真左下:代表取締役 松下幸郎氏)

Copyright (c) 2008 Direct. 人吉”ひかり”研究会 Co.,Ltd. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし