HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介 伝統工芸
球磨焼酎

球磨川の清流から生まれた球磨焼酎。28蔵元を映像とともにお楽しみください
(資)鳥飼酒造場 (資)渕田酒造場 球磨焼酎(株) 繊月酒造(株) (資)寿福酒造場 (資)深野酒造本店
(資)福田酒造本店 (資)大和一酒造元 高橋酒造(株) (株)白岳酒造研究所 (有)渕田酒造本店 六調子酒造(株)
常楽酒造(株) (資)松本酒造場 松の泉酒造(資) (資)高田酒造場 (資)宮原酒造場 (有)那須酒造場
木下醸造所 房の露(株) (株)堤酒造 (株)恒松酒造本店 (資)宮元酒造場 抜群酒造(資)
(名)豊永酒造 (資)林酒造場 (資)大石酒造場 松下醸造場

松の泉 水鏡無和

松の泉酒造(資)

所在地:球磨郡あさぎり町上北169-1  0966-45-1118
焼酎造りのいの“水”と“米”にこだわり、自家用の田んぼで米の生産も行っています。こだわりから生まれた「水鏡無私」は透明感のある味わいと香りが評判です。また、環境整備にも気を配り、蔵の敷地に備長炭を埋めています。
(写真左下:代表社員 松岡洋世氏)

旬のロゴ

(資)高田酒造場

所在地:球磨郡あさぎり町深田東756  0966-45-0200
昔ながらの石蔵の麹室、カメ仕込みを守り続けています。消費者の細かいニーズに応えるため、様々な銘柄の焼酎を造っています。合鴨農法の農薬米、五木村アポロ峠の岩清水を使用したこだわりの焼酎が自慢です。
(写真左下:代表社員 高田啓世氏)

宮原酒造の酒

(資)宮原酒造場

所在地:球磨郡あさぎり町深田東581  0966-45-0178
原料は国産米を使用。良質な球磨川水系の地下伏流水でかめに仕込み、昔ながらの単式蒸留機を用いて、かめ壷に貯蔵し、口当たりの良い芳醇な香りとコクのある焼酎を造り出しています。
(写真左下:副社長 宮原淳一郎氏)

那須酒造の酒

(有)那須酒造場

所在地:球磨郡多良木町久米695  0966-42-2592
家族3人で昔ながらの道具を使い、手作りの焼酎造りをしています。石蔵で発酵させる麹、カメ仕込みが特徴で昔ながらの焼酎ができあがります。個人銘柄の「マイ焼酎」が人気です。
(写真左下; 那須富雄氏)

文蔵

木下醸造所

所在地:球磨郡多良木町785  0966-42-2013
昔ながらの焼酎造りにこだわり続ける蔵元です。伝統の味と香りを大切にした常圧蒸留酒を造り続けています。芳醇な香りとコク、常圧蒸留の「文蔵」は球磨焼酎伝統の味です。
(写真左下:蔵元 木下弘文)

房の露

房の露(株)

所在地:球磨郡多良木町多良木568  0966-42-2008
食事しながら美味しく飲める焼酎造りに励んでいます。伝統の技が磨き上げた、深い味わいが楽しめます。「しょうエクセレンス」は樽貯蔵の30年古酒ブレンドの超逸品。房の露の自信作です。
(写真左下:代表取締役 堤和弘氏)

堤酒造の酒

(株)堤酒造

所在地:球磨郡あさぎり町岡原南390-4  0966-45-0264
房の露の研究機関として作られました。麹にこだわり、蒸留法にこだわり焼酎造りをしています。「恋草」は球磨焼酎の技術の粋を集め、黄麹・吟醸酵母を用い低温発酵させた珠玉の米焼酎です。
(写真左下:代表取締役社長 堤和弘氏)

Copyright (c) 2008 Direct. 人吉”ひかり”研究会 Co.,Ltd. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし